先行配信vol.3

 世の中に存在するありとあらゆる色を見てみたいという思いと同じくらい、僕は自分が描いた作品を見てみたいと思う。
 やはり自分が描いた作品を自分の目で見られないのはとても辛い。
 気分によっては自信をなくすこともある。
 僕が描けないのは本当に風景だけなのだろうか、と。
 実は一番好きな花さえしっかり描けておらずデタラメなんじゃないかと。
 母さんや周りの大人たちは皆上手上手と言うけれど、それはきっと目が見えないわりに、という意味が含まれているだろうから僕は自分の本当の実力が分からない。
 実際僕が描いた絵はどんな絵なのだろう?
 もし仮に神様が一度だけ自分の作品を見る機会を与えてくれたとして、目の前にある絵がとてつもなく下手だったらどうしよう……。
 何だかんだ言って、きっと僕は落ち込むよりも先に笑ってしまうんだろうなあ。
 そしてすぐにまた新しい絵を描くんだろう。
 いくら下手でも絵を描くのが好きなことに変わりはないのだから。

 桜の花の絵を完成させると母さんが後ろでパチパチと手を叩いてくれた。
「上手上手。よくできたねシンちゃん」
 伸也だからシンちゃん。僕はそろそろ普通に伸也と呼んで欲しいのだけれど、母さんにとって僕はいつまでもシンちゃんらしい。
 僕はありがとうと言って母さんの方向に手を伸ばす。
 すっと母さんが僕の手を取って、僕をベンチに座らせてくれた。
 絵を描き終えた僕の身体は徐々に熱が引いていく。濡れたTシャツが冷たくなって僕はくしゃみをした。鼻水が出てしまい困っていると、母さんが僕の口元にハンカチをあてた。自分でできるよと言っても母さんは大丈夫と言って最後まで僕に任せてはくれなかった。
 まるで赤ん坊だよと思った。
 誰も見ていないかな。
「シンちゃん、まだもう一つおにぎり残ってるよ。食べる?」
 そう言われると急にお腹が空いてきて、僕は首を縦に大きく振って母さんからおにぎりを受け取った。
 ノリがシナシナになったおにぎり。
 一口目でたらこにたどり着いた。
「おいしい?」
 僕はモグモグしながらウンウンと頷いた。
 ふと母さんが僕の額にベッタリとついた髪の毛をかき分けた。
「今日は暑いねえシンちゃん」
「まるで夏だね」
 僕と母さんはぼんやりと生温い風に浸る。
 母さんは今何を眺めているのだろう。
 同じ景色を一緒に見たいと思うけれどそれは叶わない。
 僕は青い空を見上げた。
 青い空ってどんな色なんだろう。
 空ってどんな眺めなんだろう。
 空には白い雲がたくさん浮かんでいるんだよね。雲って綿菓子みたいな形をしているって母さんに教えてもらった。
 僕は自分なりに空をイメージしてみるけれど色が分からないから感動がない。
 空に触れれば少しはイメージができるのにと思う。
「そろそろ帰ろうか」
 母さんが僕のほうを向いたのが分かった。
「買い物して帰ろうか」
「そうだね」
「晩ご飯何が食べたい?」
 僕は迷わず、
「ハンバーグ」
 と答えた。八割以上ハンバーグをリクエストするから母さんは呆れた声で「またあ?」と言った。
「いいのいいの」
 僕はベンチに立てかけてある白杖を手に取り立ち上がる。今は隣に母さんがいるからいいけれど、一人のときは杖がないと目的地にまでたどり着けない。仮に突然手から離れたら急に不安になって動けなくなってしまうと思う。
 白杖は僕の相棒。目の見える人からすると大袈裟かもしれないけれど、本当なんだ。
 僕と母さんは寄り添うようにして歩き出す。
 母さんが僕の左腕をしっかりと握ってくれているから僕はとても安心する。
 公園を出たのかな。
 柔らかい地面からアスファルトに変わった矢先だった。
 遠くのほうから「伸也、伸也」と聞こえてくる。
 どうやら僕の背後、六時の方向からのようだ。
 僕は母さんの袖を掴んだまま振り返った。
 姿は見えずとも、声で誰なのか分かる。
 直人だ。

先行配信vol.4は11/14(木)の予定です。

 

 

PV 【編集編】

皆さん、山田悠介最新作『貴族と奴隷』の魅力がつまったPVは、もうご覧いただけたでしょうか?

先日、撮影風景をレポートしましたが、今回はその編集の様子を報告します!!

 

**********************

 

撮影間もない10月中旬、都内某スタジオに撮れたての動画データが集められ、作業が始まりました。

 

まずは限られた時間の中に、必要な場面を順番に並べていきます。監督の頭の中にはすでに完成イメージが明確にあるようで、ビシビシとスタジオ内に指示が出ていました。

とはいえ、1秒にも満たない微妙なタイミングを合わせていくため、それだけでも膨大な時間がかかります。その後、楽曲、効果音をのせる作業が続きました。

途中段階のものを山田悠介さん、文芸社スタッフも確認させていただきつつ、編集は数日間にわたりました。

 

最終日、少しでも良いモノを作ろうというスタッフに『妥協』はなく、作業は深夜まで続きます。

「ここにはもう少し派手な楽曲のほうがいいな~」

「ほんの少しテンポが遅い! もう一度やり直そう!」などなど。

たとえば、ラストに登場する発砲シーンでは、「ここには乾いた音が欲しい」という監督の指示のもと、様々な音が試されていました。拳銃の音ひとつとってもいろいろあり、印象が全然違うものですね! 見学していたスタッフはただ感心するばかり……

 

すでに完成度が高く、素人には差の分からないこだわりの編集の結果、ついにPV「貴族と奴隷」が完成しました!

映画予告編を思わせる迫真のPVを、ぜひご覧ください!

 

**********************

 

スタッフの皆さん、本当にありがとうございました!

11/13(水)は編集担当が作品の魅力に迫ります。Hasta luego!

 

 

カテゴリー: PV

先行配信vol.2

僕は母さんの顔を手で触って頭の中で想像することしかできない。最近は少し皺が増えたなあと思う。当たり前だけれど母さんも年を取るんだ。
 母さんの顔に手で触れるたび、僕は母さんが喜ぶことをしてあげたいと思う。
 思えば、絵を描くきっかけになったのはその思いからだった。
 五歳になったばかりの頃だったと思う。
 僕は母さんの顔の一つひとつのパーツを触りながら、ふと似顔絵をプレゼントしたいと思ったのだ。今思えば目の見えない僕が似顔絵を描こうと思ったのだから不思議だ。
 それを伝えると母さんは驚いてすぐに色鉛筆やクレヨン、それに絵の具セットまで買ってきてくれた。
 最初に僕は何色かも分からないクレヨンを手に取って似顔絵に挑戦してみたけれどクレヨンだとうまく表現できていないような気がして次に色鉛筆を手に取ってみた。
 そのとき偶然にも肌色を手に取っていたみたいだけれど、やはり手に用具を持って絵を描くのはどうもしっくりこず、僕は母さんに絵の具の使い方を訊いたのだった。
 一通り説明を受けた僕はあえて筆は使わず直接指に絵の具をつけて描いてみてはどうだろうと思い、左手で母さんの顔を確かめながら画用紙に似顔絵を描いてみたのだ。
 そのときは赤一色だったようだが、似顔絵は不思議とうまく描けているような気がして、事実母さんにも上手と褒められた。それがとても嬉しかった僕は、それ以来絵にのめり込むようになった。
 少しでも上達したくて僕は描写の練習はもちろん、対象物の色を忠実に再現するために絵の具の色を判別する訓練を幾度となく行った。
 最初に憶えたのは白だ。まずは母さんに『これが白』と教えてもらってから白の絵の具をパレットに載せて、指先で白の感触や特性を記憶していく。僕にはそれしか方法がなかった。
 もちろんただ普通に触るだけじゃなくて人差し指と親指でベタベタ伸ばしてみたり、押し潰してみたり、固まるまでこねてみたりして絵の具と遊ぶ。絵の具と友達になって、いつしか会話までしていた。
 そうしているうちに、だんだんと白の質感が分かってくる。
 脳と指先に白を完全にインプットしたら次の色、という具合に僕はたくさんの色を憶えていった。
 完全にマスターした頃、絵のモデルになってもらった健常者の女性に、絵の具を触っただけでどの色か判断できるなんて信じられない、実は手品みたいなものでタネや仕掛けがあるのでしょう? と訊かれたことがあるが僕は当たり前のように触っただけで分かるのですと答えた。そうとしか答えようがないんだ。
 普通の人は信じられないだろうけど、事実絵の具は色鉛筆やクレヨンと違って一つひとつ手触りや質感にちょっとした違いがある。
 例えば白は滑らかな手触りで粘り気が少なく優しい雰囲気を持っている。
 緑はサラッとした触り心地で指になじむ感じ。
 赤は粘着質で弾力があり、ちょっと野性的、といった感じかな。
 僕たちみたいに視覚に障害がある人間はそのぶん触覚や聴覚や嗅覚が普通の人よりも何倍も優れていて、僕の場合はその中でも特に触覚を用いて積極的に物を認識しようとする力が発達しているらしい。
 時々そんな僕を天才と呼ぶ人がいる。
 でも僕は決して天才なんかじゃない。あくまで色の違いが分かるだけだ。
 いくら指先だけで色の違いが分かると言ってもやはり僕には絵を描く者として大きなハンデがある。
 まずはリアルな色が分からないということ。
 風景を描けないのと一緒でこの点についても僕はどうすることもできない。
 例えば今描いている桜の花びら。
 桜の花びらがピンクであると認識しているから、赤と白を混ぜてピンクで塗っているけれど、僕はピンクがどんな色なのか分からない。見たことがないから想像すらつかないんだ。
 僕の通う視覚特別支援学校では点字指導や白杖歩行の練習はもちろん、〝色〟の授業がある。
 むろん僕たちは色を見たことがないので色彩語や感情などで色を憶える。
 例えば赤は、リンゴ、血、情熱的、興奮。
 青は、空、風、さわやか、冷静、知性、といったように。
 僕たちは会話や普段の生活から色を学び、自分なりにイメージする。
 でもあくまでイメージだ。リアルな色は絶対に分からない。
 絵を描くのが大好きな僕にはそれがとても辛い。苦しい。悲しい。
 たった一度でいいから世界中に存在するありとあらゆる色を見てみたい。
 僕が知っているのはいつも目の前に広がっている〝黒〟だけだ。
 どうやら黒はリアルな色らしい。
 色を愛する僕にとってそれは喜ぶべきことだ。
 でも、皮肉にも僕は黒があまり好きじゃない。
 なぜなら黒には不幸やら絶望やら、暗いイメージがあるからだ。
 だから僕は絵を描く際できるだけ黒は使わず明るいイメージの色を使うようにしている。
 見てもらう人にも明るい気持ちになってもらいたいから。

先行配信vol.3は11/12 (火)の予定です。
 

 

PV 【撮影編】

早くも多くの反響をいただいている『貴族と奴隷』PV。
このPV制作の現場に文芸社のスタッフも立ち会わせて頂きました。まず本日はPV撮影の様子からお伝えします。

 

   **********************

 

山田悠介『貴族と奴隷』のPV撮影は10月中旬、都内某公園とスタジオにて行われました。
なんと脚本・監督は大ヒット映画「リアル鬼ごっこ」を手がけた柴田一成監督!

 

公園での撮影は10月という時期にも関わらず蚊が多く、虫除けスプレー必須の状態で行われました。
俳優業は顔が命! 蚊に刺されるわけにはいきません。
この虫除けスプレーも事前に現場の下調べ(ロケハンというものですね)によって、蚊が多いことが分かった上で準備されたものです。さすがプロのお仕事! 感激しました。!

 

撮影は、監督の熱い演技指導もとても印象的でした。例えば「走る」というシーン1つにしても、どこまでも、何度でも、リアルを追及する制作チームたち。監督自ら走り方を表現したり、倒れ方を表現したりと、本物の演技指導を初めてみました!

 

PV撮影(男の子)

 

PV撮影(女の子)

 

のどかな公園での撮影だったはずが、いつしか本当に作品の舞台へと来てしまったようでした。

小道具で用意されていた銃や鎖もとてもリアルで、もしあの引き金を引いたら……と思ってしまう場面もありました。

 

   **********************

 

プロのこだわり、演者のこだわり、スタッフのこだわり、多くのこだわりが結集してPV撮影が行われました。11月8日(金)には撮影した映像を編集する現場のレポートを行います。

 

それでは次回更新をお楽しみに! Adeus!

カテゴリー: PV