先行配信vol.5

  直人と友達になったのは僕が五歳になったばかりの頃、まだ絵を描き始めたばかりの頃だった。
 きっかけは母さんと公園の砂場で一緒にお山を作っているときだった。
 僕が直人の気配に気づいて「こんにちは」と挨拶したのだけれど直人は何も答えない。いったいどうしたのかなと不思議に思っていると、無言のままお山作りに参加してきたのだ。彼らしいと言えば彼らしい。
 僕は嬉しい感情よりも先に意外な思いを抱いた。
 当時から僕が全盲であることは近所では知られていて、気を遣ってか、それとも差別か、僕と母さんに近づく者はほとんどいなかったから。
 聞けば直人は最初、僕が〝全盲の子〟だとは知らなかったらしいけど、僕が〝全盲の子〟だと知っても態度は変わらず友達のままでいてくれた。
 やんちゃで口が悪いから誤解されやすいけれど、本当は正義感が強くて面倒見がよくて、とても優しい奴なんだ。
 彼は僕とただ遊ぶだけじゃなく、目が見えないとはどういうことか、目に障害のある人とどう付き合えばいいかを、僕の知らないところで母さんに訊いてくれていたそうだ。
 一生懸命僕のことを知ろうとしてくれているのを知ったとき僕は泣いた。初めて親友ができたと思えた瞬間だった。
 彼と一番よく遊んだのは五歳から六歳になるまでの一年間。
 僕からは何だか誘いづらくて、それを知ってかいつも直人のほうから誘ってくれた。
 遊ぶ約束がない日も、ふと直人がやってきてくれないかなあと思うと本当にやってきてくれたっけ。
 僕のテレパシーを感じ取るエスパーみたいに。
 小学校に上がると同時に直人はサッカーを始めたからだんだん会う回数が減っていったけれど、それでも時間を作って会いにきてくれて、僕の絵を褒めてくれたり、サッカーの話をしてくれたりした。
 僕は自分の絵を褒められるよりも、直人がサッカーの話をするほうが嬉しい。
 直人にはもっともっと上手くなってもらって、試合で活躍して、将来はプロのサッカー選手になってほしい。
 でもここ最近の直人の話を聞いているとどうやらサッカー選手になるつもりはないらしい。
 それよりも彼が今よく話題に出すのはある女の子のこと。
 それは僕もよく知っている女の子。
 九年前、直人と初めて砂遊びをした日、実はもう一人お山作りに参加してきた女の子がいた。
 男の子二人に交じってせっせと山を作っていき、やっと完成したと思ったら、もっとお姫様が住めるような形にしたいとワガママを言って、せっかく作ったお山をグチャグチャに壊してしまったんだっけ。
 その女の子こそが今直人が恋心を抱いている人。
 藤木ともえ。僕は彼女と直接話すときは藤木さんと呼ぶけれど、心の中ではともえさんと呼んでいる。一方彼女は僕のことを『クロちゃん』と呼ぶ。黒澤だからクロちゃんだ。
 彼女は僕の家の二軒隣に住んでいて、年は僕たちと同い年。直人と同じ中学校に通っていて、バスケ部に所属しているそうだ。
 直人が彼女に恋心を抱くようになったのは意外と最近だ。幼い頃からの仲だからずっとただの女友達としか見ていなかったようだけれど、たまたま一緒に下校したとき偶然彼女の手に触れて、それ以来彼女を意識するようになったそうだ。
 彼らしいと言えば彼らしいし、らしくないと言えばらしくないのだけれど、僕はその話を聞いたとき、何だかいいなあと思った。直人のことが色々な意味で羨ましかった。
 直人曰く、彼女のほうは直人を友達としか見ていないらしくて、幼い頃からの仲だから直人は彼女に想いを伝えにくいようだ。
 いつも強気な直人だけれど、彼女の話題になると人が変わったみたいに弱気になる。
 直人の最近の一番の悩みは、直人よりもともえさんのほうが若干背が高いことらしい。
 今一番の願いは、春休み明けのクラス替えで同じクラスになること、だそうだ。
 彼女の話を一通りしたあと、決まって直人は僕に、どうやって想いを伝えたらいいか一緒に作戦を考えてくれと言う。人に好きだと言ったことのないこの僕に、だ。
 さらには、僕のほうから彼女にそれとなく気持ちを訊いてほしいとまで言ってくる。近所だから訊こうと思えばすぐ訊けるだろうと軽い調子で言ってくるのだ。
 そう頼まれるたびに僕は困惑する。
 確かに二軒隣に住んでいて幼い頃から知ってはいるけれど、特別親しいわけではない。
 よく遊んでいたのは幼い頃のたった一年間だけだし、遊ぶときはいつも三人だった。二人で遊んだことは一度もない。
 ただ二人で帰ったことはある。彼女に手を引いてもらって。
 それが彼女との一番の思い出。
 いつも僕は全身ガチガチで何も喋ることができなかったけれど、心の中では明日も明後日も一緒に帰れたらいいなあと思ってた。
 でもその想いとは裏腹に楽しい時間はそう長くは続いてくれなくて、小学校に上がった頃からぱったりと遊ばなくなってしまった。
 家が二軒隣だから朝家を出る際たまに会うけれど、ほとんどは挨拶で終わってしまう。呼び止めれば話すことはできるけれど……。
 もっとも話す機会を作ったとして、僕のほうから訊けるはずがない。
 二人が恋人同士になるべきだと知ってはいるけれど。


最後の先行配信vol.6は11/21(木)の予定です。

『貴族と奴隷』を織りなす登場人物たち

『貴族と奴隷』の登場人物たちは、突然「貴族と奴隷」に分かれての生活を余儀なくされる。

 

このサバイバルゲームを送る中学生たちは、勝気なイジメっ子がいたり、真面目な学級委員長がいたり引きこもりがいたり、優しくて気弱な性格な子がいたり、とパーソナリティも様々。
そんなキャラクターの名前は、実は山田悠介の前作『93番目のキミ』の発売記念として行われたネーミングキャンペーンの当選者5名の氏名が使われています。

 

もちろんフィクションですから、実際の人物とは無関係ですが、中高生が選ぶ好きな作家圧倒的1位(毎日新聞調べ)の山田悠介作品に登場できるなんて羨ましいことですよね。

 

 

さて、発売直前、山田悠介さんからのお話は11/20(水)にお届けします! またね~!

 

『貴族と奴隷』を彩るイラスト

今日は11/15、ついに山田悠介最新作『貴族と奴隷』発売まで1週間となりました。
もう一度、編集担当に登場してもらい、PVや文芸社HPにも掲載したイラストについてレポートしてもらいます!

 

**********************

 

こんにちは。ふたたび編集担当です。

今回、カバーイラストや本文挿絵、PV用イラストをお願いしたのは、人気イラストレーター・ワカマツカオリさん。人気作家さんのカバーイラストを数多く手がけられている方です。書店店頭でワカマツさんの作品を拝見し、ぜひ一度ご相談したいと思っていました。

 

そこで今回、『貴族と奴隷』の原稿をお送りし、カバーイラストはもちろん、本文挿絵、PV、立ち読みブックすべてを、ワカマツさんのイラストで素敵にしたい、とお願いしたところ、ストーリーを楽しんでいただいたワカマツさんから、「是非に!」とお返事いただきました。

 

まず一番にご相談したのが、書籍の顔となるカバーイラスト。
山田さんのイメージをお伝えしたうえで、ワカマツさんと議論を重ねました。
その結果出てきたのが、
「トランプのキングをベースに、片方はキングのまま、もう片方を奴隷にしたらどうだろう――」というアイデアです。

 

そのアイデアをもらってからは一気に話が進み、細かいところはワカマツさんにお任せして作画開始! 着彩前のラフを確認させていただくと、細部までこだわった絵に興奮してしまいました。貴族‐王様と奴隷が身につけているモノ、そして背景の図柄、すべてがストーリーを暗示するものになっています。
読み終わったあと、ふたたびカバーを見ると、「なるほど、そういうことか!」と思ってもらえるでしょう。
さらに今回は、山田悠介さんの作品で初めて、ワカマツさんの手による挿絵も掲載することができました。

 

ストーリーとともに、恐怖を加速させてくれるイラストもぜひ楽しんでください!

 

第11回イラスト写真

 

**********************

 

来週はいよいよ発売直前。
なんと山田悠介さんご本人のお話をお届けします! Bye Bye~!!

 

 

 

先行配信vol.4

 僕は白杖を股に挟んで「おーいおーい」と直人に手を振った。
 直人が走ってくるのが分かる。けっこう離れたところにいたはずなのにあっという間に僕の目の前にやってきた。
 自由に走れるっていいなと思う。
 「よお伸也、久しぶりだな」
 少しハスキーな高い声。声変わりする前はもっと高くて可愛かった。
 「おばさん、ちわっす」
 母さんはウフフと笑って「こんにちは山崎くん」と言った。
 母さんが笑ったのは、声は少し大人になったけれど喋り口調は相変わらずね、と思ったからに違いない。僕も同じことを思った。同い年だけれど僕のほうがずっと大人だなって。
 直人とは一ヶ月ぶりくらいか。近くに住んでいるとはいえ学校が違うからなかなか会えないのだ。
 僕はやあと手を挙げ「久しぶり」と言った。
 「散歩か?」
 「さっきまで公園で絵を描いていたんだ」
 「へえ、今日はどんな絵だ?」
 「桜の花」
 「へえ、うまく描けたか?」
 「どうかな」
 僕はすかさず、
 「あれ、そういえば直人部活は?」
 と問うた。
 直人はサッカー部に所属していてチームのエースだ。むろん僕は直人のプレイを見たことはないけれど観戦しに行ったことは何度もある。
 いつもゴールを決めると真っ先に僕のところにやってきてくれるんだ。
 「春休み中は部活も休み?」
 「いや」
 真顔で首を振ったのが分かった。
 「最近毎日部活だったから今日はじいちゃんの法事だって嘘ついて休んだ」
 僕は直人がついた嘘にびっくりした。直人のおじいちゃんはまだ生きているはずだ。
 「そんな嘘ついて平気なのお? ていうより勝手におじいちゃん殺しちゃダメだよ」
 直人は悪びれた様子もなく、
 「いいのいいの。じいちゃんは北海道に住んでるからバレやしないって」
 静岡に住んでいる相手には確かにバレることはないだろうけれど……。
 「そういう問題じゃないような気がするけど」
 直人はガハハと笑い、
 「じいちゃんが死んだのはこれで二回目」
 直人の冗談に母さんが「あらあら」と呆れた。
 「サボってたら追い抜かれちゃうよ?」
 「平気平気、一日休んだってどうってことねえよ」
 せっかく心配してあげているのに、と僕は思う。直人はいつもこんな調子だ。僕がいくら心配しても説教しても聞きやしない。
 彼のお母さんは相当手を焼いているだろうなと思う。
 「それより伸也、これから暇か?」
 「まあ、暇と言えば暇だけど」
 「これから街のショッピングモールに行って洋服を買おうと思うんだけど一緒に行くか?」
 直人が言う街とは静岡駅周辺を指している。僕たちの住む町は田舎だからお洒落な洋服を買おうと思ったら駅前に出るしかないのだ。むろん僕は洋服なんて何だっていいから、いつも母さんが選んだ物を着ているのだけれど。
 僕は迷わず行くと言った。母さんにいいよねと訊くと「行ってらっしゃい」と言ってくれた。
 僕たちの住む町から静岡駅まで電車で約三十分。最寄りの駅に行くのにだってここからだと十五分はかかる。
 目の見えない僕にとっては大冒険だけれど、母親にしてみれば心配でたまらないと思う。それでも母さんが了承してくれたのは直人が僕の介助や扱いに慣れていると知っているからだ。
 「シンちゃん、これ電車賃とお小遣い」
 母さんは僕に三千円を渡してくれた。日本の紙幣は大きさが違うから触ればすぐに分かる。
 「じゃあ直人くんお願いね」
 母さんの声に不安はない。直人を心底信じている。
 「大丈夫っす。帰りもちゃんと家まで送りますから」
 「ありがとうね」
 僕は母さんのほうを向いて左手を挙げた。
 「じゃあね」と言うと、「うん」と母さんの優しい声が返ってきた。
 「行くべ伸也」
 直人が僕の左腕を軽く掴んで言った。
 僕は直人に身を委ね、
 「出発進行」
 と叫んだ。
 「俺はバスの運転手じゃねえぜ」
 直人はそう言いながらゆっくりと歩き出す。同時に僕も最初の一歩を踏み出した。僕と直人は息がぴったりだ。
 僕は母さんと歩いているときと同様に安心して歩いていられる。

 

先行配信vol.5は11/19(火)の予定です。

 

編集担当からみた『貴族と奴隷』

山田悠介さんファンの皆さん、編集担当です。
今回は『貴族と奴隷』の魅力について、ご報告します。

 

ここ最近『その時までサヨナラ』や『スイッチを押すとき』『93番目のキミ』など、感動的な作品に大きな反響をいただきました。

 

とはいえ、デビュー作『リアル鬼ごっこ』以来、山田さんの独創的なアイデア、スピーディな展開、そしてなにより緊迫した恐怖を描いたホラー作を期待している方も多いことでしょう!
すでにPVをご覧の方は十分伝わっていると思いますが、
そう、今回はまさに、そんなファンの皆さん待望のホラー作品です!!

 

『リアル鬼ごっこ』ではストーリー冒頭に、王様から「佐藤さんを対象にした鬼ごっこ」が宣言されますが、今回はまず、拉致された子供たちが「貴族」と「奴隷」に分かれての生活を強いられます。
様々な困難を乗り越える中で、子供たちは徐々に混乱に陥り、ついには『リアル鬼ごっこ』同様、王様の君臨を許すことになってしまいました。
主人公・黒澤伸也は生まれつき目が見えないハンデを持っていますが、親友や憧れの幼なじみの助けを得て、過酷な問題をクリアしていきます。
しかし王様の登場、そして過酷な命令に、伸也たちは窮地に立たされるのですが…

 

逆境の中、伸也たちはどうやって難題を切り抜けていくか、ぜひ本編で確認してください!
苦悩、恐怖、混乱、そして友情―― 物語の最後には驚きの結末が待っています!