『貴族と奴隷』を織りなす登場人物たち

『貴族と奴隷』の登場人物たちは、突然「貴族と奴隷」に分かれての生活を余儀なくされる。

 

このサバイバルゲームを送る中学生たちは、勝気なイジメっ子がいたり、真面目な学級委員長がいたり引きこもりがいたり、優しくて気弱な性格な子がいたり、とパーソナリティも様々。
そんなキャラクターの名前は、実は山田悠介の前作『93番目のキミ』の発売記念として行われたネーミングキャンペーンの当選者5名の氏名が使われています。

 

もちろんフィクションですから、実際の人物とは無関係ですが、中高生が選ぶ好きな作家圧倒的1位(毎日新聞調べ)の山田悠介作品に登場できるなんて羨ましいことですよね。

 

 

さて、発売直前、山田悠介さんからのお話は11/20(水)にお届けします! またね~!