編集担当からみた『貴族と奴隷』

山田悠介さんファンの皆さん、編集担当です。
今回は『貴族と奴隷』の魅力について、ご報告します。

 

ここ最近『その時までサヨナラ』や『スイッチを押すとき』『93番目のキミ』など、感動的な作品に大きな反響をいただきました。

 

とはいえ、デビュー作『リアル鬼ごっこ』以来、山田さんの独創的なアイデア、スピーディな展開、そしてなにより緊迫した恐怖を描いたホラー作を期待している方も多いことでしょう!
すでにPVをご覧の方は十分伝わっていると思いますが、
そう、今回はまさに、そんなファンの皆さん待望のホラー作品です!!

 

『リアル鬼ごっこ』ではストーリー冒頭に、王様から「佐藤さんを対象にした鬼ごっこ」が宣言されますが、今回はまず、拉致された子供たちが「貴族」と「奴隷」に分かれての生活を強いられます。
様々な困難を乗り越える中で、子供たちは徐々に混乱に陥り、ついには『リアル鬼ごっこ』同様、王様の君臨を許すことになってしまいました。
主人公・黒澤伸也は生まれつき目が見えないハンデを持っていますが、親友や憧れの幼なじみの助けを得て、過酷な問題をクリアしていきます。
しかし王様の登場、そして過酷な命令に、伸也たちは窮地に立たされるのですが…

 

逆境の中、伸也たちはどうやって難題を切り抜けていくか、ぜひ本編で確認してください!
苦悩、恐怖、混乱、そして友情―― 物語の最後には驚きの結末が待っています!