PV 【編集編】

皆さん、山田悠介最新作『貴族と奴隷』の魅力がつまったPVは、もうご覧いただけたでしょうか?

先日、撮影風景をレポートしましたが、今回はその編集の様子を報告します!!

 

**********************

 

撮影間もない10月中旬、都内某スタジオに撮れたての動画データが集められ、作業が始まりました。

 

まずは限られた時間の中に、必要な場面を順番に並べていきます。監督の頭の中にはすでに完成イメージが明確にあるようで、ビシビシとスタジオ内に指示が出ていました。

とはいえ、1秒にも満たない微妙なタイミングを合わせていくため、それだけでも膨大な時間がかかります。その後、楽曲、効果音をのせる作業が続きました。

途中段階のものを山田悠介さん、文芸社スタッフも確認させていただきつつ、編集は数日間にわたりました。

 

最終日、少しでも良いモノを作ろうというスタッフに『妥協』はなく、作業は深夜まで続きます。

「ここにはもう少し派手な楽曲のほうがいいな~」

「ほんの少しテンポが遅い! もう一度やり直そう!」などなど。

たとえば、ラストに登場する発砲シーンでは、「ここには乾いた音が欲しい」という監督の指示のもと、様々な音が試されていました。拳銃の音ひとつとってもいろいろあり、印象が全然違うものですね! 見学していたスタッフはただ感心するばかり……

 

すでに完成度が高く、素人には差の分からないこだわりの編集の結果、ついにPV「貴族と奴隷」が完成しました!

映画予告編を思わせる迫真のPVを、ぜひご覧ください!

 

**********************

 

スタッフの皆さん、本当にありがとうございました!

11/13(水)は編集担当が作品の魅力に迫ります。Hasta luego!

 

 

カテゴリー: PV.